Highlighted
Admin

対面決済安心プログラムの詳細と魅力!

このプログラムは端的にまとめると、クレジットカードをお持ちの方であれば聞いたことあるかもしれないチャージバックからSquareの加盟店を保護しますというものです。チャージバックはカード保持者が身に覚えのない決済に対して、カード発行会社に異議申し立てするというもので、本来カード発行会社が申し立てを認めると、事業主は返金責任を負います。今回のプログラムはそのチャージバックに毎月最大10万円までSquareが負担するというものです。

 

ポイントとしては以下の3点👀
1. (対面決済においては)日本初!
2. 完全無料!
3. 申し込みは一切必要なし!

 

つまり、Squareの加盟店であれば、何もしなくてもこのプログラムの対象となるんです。これはかなり簡単でお得かつ、かなりブログ記事にしやすいネタかと思います。

 

詳細とFAQは以下から確認して下さいね。↓↓↓

「対面決済安心プログラム」キャンペーンページ: https://squareup.com/help/jp/ja/article/5394

 

よくある質問:

* 日本で初なのか?
対面でのクレジットカード決済の保護を提供するサービスとしては初です。オンラインでのクレジットカード決済を保護するサービスは、オンライン決済事業者で提供している会社は存在します。

 

* Squareの全ての決済が対象になるのか?
IC カードリーダーで IC チップの情報を読み込んだ決済が対象。その他、加盟店規約に則った決済であることや、支払い異議申し立ての理由が、商品販売の場合は「利用否認」または「有形商品の未受領」のいずれか、サービス提供の場合は「利用否認」である決済などの条件があります。

 

* 具体的に想定しているケースは?
盗難カードを使った店頭での決済を、主に想定しています。

 

* なぜ2019年3月31日までと期間限定なのか?
好評であれば、それ以降も継続したいと考えていますが、初の試みであり改善点も出てくる可能性があるため、一旦一年間の提供という期限を設けました。

 

* チャージバックの仕組みは?
1)カードホルダーがカード発行会社に支払いの異議申し立てを行う
2)カード発行会社が支払い異議申し立てを認めた場合、チャージバックが成立
3)チャージバック成立と同時に、事業者の返金責任が発生

 

* 通常は、偽造カードによる決済の責任を事業者が負うことになっているのか?
こちらはケースバイケースです。

メッセージ1/1
343件の閲覧回数